ADHDになる原因とは?どんな人がなりやすいのか。子供だけでなく大人でも発症する可能性はあるのか? - ストラテラの効果と安全性

ストラテラの効果と安全性

ストラテラという薬はあまり一般的な薬ではないので、知らない人も多いでしょう。
この薬は発達障害であるADHDの治療薬として処方されています。
ADHDの症状で日常生活に支障が出ている人でも、ストラテラを服用する事で症状が改善し日常生活を送る事が可能になります。
そんなストラテラがどんな薬なのか紹介します。

ストラテラという薬について

ストラテラとは、比較的新しい薬で、日本で認可されたのは2009年からなので、まだ処方されるようになって10年も経っていません。ですが世界各国で服用され安全性は保証されています。
元々は子供のADHD治療薬として処方されていたのですが、大人にも効果がある事が証明されたため、2012年からは大人にも処方されるようになりました。
ストラテラの主成分は、アトモキセチン塩酸塩という成分です。
この成分はノルアドレナリンの再取り込みを阻害するため、脳内のノルアドレナリンの増加を防ぐ効果があります。
ADHDの主な原因は、脳内でノルアドレナリンが増加してしまうため、多動と呼ばれる落ち着きがない行動や注意力の欠如などの症状が現れると言われています。
なので、ストラテラはADHDの原因となるノルアドレナリンの増加を抑えてくれるので、ADHDに効果的なのです。

ストラテラは副作用が少なく安全

実はADHDの治療薬はストラテラ以外にも存在しています。
しかもその治療薬は、ストラテラよりも効果がある薬です。
治療法は、脳内物質のドーパミンを増やす事で、ノルアドレナリンの増量を防いでいたのです。
確かにこの方法でもADHDの症状は改善されます。
ですが脳内物質であるドーパミンを増やす事で、脳内物質のバランスが崩れやすくなり、様々な副作用が現れてしまいました。
また依存性も高く、服用を続けると止める事が出来なくなってしまいます。
そのため効果と副作用、依存性などの考慮した結果、ストラテラの方が安全性が高く、ADHDの治療に適切だと判断されたのです。
なので、現在医師はADHDの治療を行う際には、治療薬としてストラテラを選ぶ傾向が高いと言えます。

関連する記事

アーカイブ

カテゴリー