ADHDになる原因とは?どんな人がなりやすいのか。子供だけでなく大人でも発症する可能性はあるのか? - ストラテラを服用する場合の注意点(子供・大人)

ストラテラを服用する場合の注意点(子供・大人)

ストラテラは安全性の高いADHDの治療薬ですが、100%安全とは言えません。
副作用もありますし、服用する上での注意点もあります。
ではどのような点に注意をすればいいのか、子供が服用する場合と大人が服用する場合で紹介していきます。

子供が服用する場合の注意点

ADHDとは子供の頃に多く現れる症状で、大人になると成長に伴い徐々に症状が改善します。
(※ただし大人でもADHDの人はいます)
そのためストラテラも子供向けのADHD治療薬として、初めは処方されていました。
そのためもちろん、子供にとっては効果がある薬ですが、6歳未満の子供に処方するケースが非常に少ないため、6歳未満の子供にも効果があるのか、安全性は大丈夫なのか、現時点では確立されていない状態です。
またADHDの診断自体も生後すぐに診断できるものではなく、小学校に入学する前に症状が顕著になる子が多いため、6歳前後にADHDと診断される子が多いようです。そのため6歳未満の段階ではまだ服用せずに、様子を見る事に努めましょう。
そして子供がストラテラを服用する事で、身長や体重などの成長が他の子供よりも遅延する傾向があると言われています。
そのため身長や体重が平均よりも遥かに小さいという場合は、一度服用を中断し、身体の成長を優先させる必要もあります。
ただし、これらの判断は親が勝手に自己判断せずに、医師の判断に任せて下さい。

大人が服用する場合の注意点

大人がストラテラを服用する場合の注意点は、服用するタイミングに注意が必要だという事です。
ストラテラは副作用で眠気やめまいなどの症状が現れるリスクがあります。
そのため、車を運転する前には絶対にストラテラを服用しないようにして下さい。
また一般的に現れる副作用ではありませんが、ストラテラを服用して幻覚が見えたり、自殺願望が現れるケースが報告されています。そのためストラテラを服用した後に、飲酒するのは控えましょう。
飲酒により理性のタガが外れ、衝動的な行動に出てしまう可能性があるためです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

アーカイブ

カテゴリー