ADHDになる原因とは?どんな人がなりやすいのか。子供だけでなく大人でも発症する可能性はあるのか? - ADHDの原因と治療法

ADHDの原因と治療法

ADHDの主な症状は、多動である事、衝動をコントロールできない事、不注意である事です。
小学生の頃に、授業中に大人しく座っていられない、忘れ物が多いなどの問題児がいたかもしれません。
ADHDの発生率は3〜7%と言われているので、決して珍しい病気ではありません。
では、ADHDの原因や治療方法について紹介します。

ADHDの原因について

笑顔の女の子
ADHDの原因については、実は原因が解明されていない状態です。
ただし、先天性の障害だと言われています。
先天性の障害でありながら、生後すぐに症状が確認出来るわけではありません。
最初は落ち着きがない子、ミスが多いおっちょこちょいな子、勉強が苦手な子など、クラスや家庭で問題行動を起こすようになります。そして教師や検診時に医師から指摘されて、病気に気づく親が多いのです。
ADHDとは日本語では注意欠陥・多動性障害と呼ばれますが、認知度はまだまだ低いと言えるでしょう。
ADHDの症状が現れるのは、行動をコントロールしている神経系の機能に異常があるためです。
脳の前頭葉が上手く働いていないために、行動がコントロール出来ないという事は分かっていますが、なぜ前頭葉の機能が上手く働いていないのか、その原因か解明されていません。
また最近の研究では、先天性で遺伝的要因が関係しているけれど、胎児期や発育期の環境的要因も影響を与えている。
そんな研究が行われていますが、まだ研究の結論は出ていません。

ADHDの治療法について

ADHDの治療法
ではADHDだと診断された場合、治療法はあるのでしょうか?
そもそも原因が解明されていない状態で、しかも脳の前頭葉を正常に働かせる状態にする事は現在の医療では不可能です。
そのためADHDは薬や手術で完治させる事は出来ません。
ですが完治出来ないからといって、治療法が何もないという訳ではありません。
ではADHDの治療法についていくつか紹介します。
「環境調整」とは、環境を整える事で症状を改善する方法です。
例えば集中力がない子供に対して、気が散らないように机の上は周囲に何も置かず集中しやすい環境を作る方法です。
この場合、ADHDの治療には、教育現場の協力が欠かせないと言えるでしょう。
「SST」とは、ソーシャルスキルトレーニングと呼ばれる方法です。
要は状況に応じて適切な行動がとれるように、ロールプレイを行いトレーニングをする事でコントロールされた行動がとれるようになります。
「ペアレントトレーニング」とは、治療やトレーニングを受けるのは子供だけではなく、両親もトレーニングを行う方法です。
両親の場合はADHDの子供に対して、正しい接し方を覚えます。
ADHDの子供に対して、ただ叱るだけではいけません。キチンとアドバイスをして、褒める事も大切です。
親の理解力を高める事で、子供の症状も改善する治療法だと言えます。
「薬物治療」
またADHDは脳内伝達物質の異常により症状が現れているため、薬物治療で脳内伝達物質の量を調節し症状を改善される方法も有効的だと言えるでしょう。
治療薬として有名なのが下記の二つです。

  •  ★ストラテラ
  •  ★コンサータ

短期間でADHDの症状を改善させたい場合は、薬物治療が最も効果的だと言えるでしょう。
しかし薬物治療でもADHDの症状を改善する事は出来ても、完治する事は出来ません。
また薬物治療の場合は、副作用が現れる可能性もあるため、注意が必要です。
ADHDが完治しないと言われると、親としては子供の将来が不安になってしまいますよね。
しかし多くのケースでは成長に伴い症状が改善されていき、一般社会で仕事や日常生活を問題なく送っているADHD患者も少なくありません。

アーカイブ

カテゴリー

更新情報